八百吉

採用情報
採用情報 お問い合わせ

お知らせ

HOME > お知らせ > 帽子の知識 > 128年の歴史

128年の歴史

昭和51年に導入されたコンピューターは

富士通のFACOMVOという、当時としてもかなり大型のものでした。

帽子業界では、コンピュータ化が進んでいない時代でしたので、はじめはうまくいきませんでした。

給与計算や、月報作成などから始めたのです。

コンピュータ室の社員は3名で、その中には大学を卒業したばかりの現社長、林幸春も配属されていました。

一日も早くコンピューターの威力を見せたいと

自社に見合ったプログラムの開発を急ぎました。

その結果、粗利益管理や仕入管理などもこなすようになりました。

お知らせ一覧に戻る