八百吉

採用情報
採用情報 お問い合わせ

お知らせ

HOME > お知らせ > 帽子の知識 > 128年の歴史

128年の歴史

昭和31年林八百吉商店は、創業60周年を迎えました。

ここからグングンと業績を伸ばしていきました。

この頃、帽子は夏場を中心とした商品でした。

特に真田帽子のウェイトも多く、冬場の取引がほとんどないということになってしまいます。

なので、夏場以外に売れる商品を探す必要がありました。

そこにカテロンというゴム引き作業手袋の引き合いが来たのです。

昭和34年には、カテロンの中部地区総代理店となりました。

これをきっかけに軍手なども取り扱いだし、手袋へ進出しました。

お知らせ一覧に戻る