八百吉

採用情報
採用情報 お問い合わせ

お知らせ

HOME > お知らせ > 帽子の知識 > 128年の歴史㉘

128年の歴史㉘

広島甲山で経木帽子の土台を仕入れ、名古屋でプレスして形を整え、

飾りのリボンを付けて販売することが昭和30年代の中頃まで行われていました。

林八百吉商店の主力製造はあくまで真田帽子でした。

布帛帽子は他のメーカーから購入し、小売店に卸していました。

地元名古屋や大阪と仕入先も増やし

それと共に布帛帽子のシェアを広げていきました。

お知らせ一覧に戻る