八百吉

お知らせ

HOME > お知らせ > 帽子の知識 > 帽子の歴史:ミシン①

帽子の歴史:ミシン①

明治34年ごろまでは環縫いミシンでした。

明治35年から36年に本縫いのミシンがアメリカ・シンガー社から初めて輸入されました。

明治の終わりには帽子業者のミシンがほぼシンガー社になり、

昭和10年の輸入禁止まで市場を独占していました。

写真は手回しのフジミシン(一本糸の環ミシン)は明治25年ごろにドイツから輸入されたものです。

 

お知らせ一覧に戻る