八百吉

お知らせ

HOME > お知らせ > 帽子の知識 > 帽子の歴史:Lucy Barow⑥

帽子の歴史:Lucy Barow⑥

Lucy(ルーシー)のアトリエのあったポーベローはアンティークマーケットで有名な街でしたので、

その市場は広がり次第にフリーマーケットが日常的に行われるようになりました。

Lucyの作品をコピーする人々も現れてきたため、彼女はアトリエをブライトンに移しました。

ブライトンは、イギリスの郊外にある保養地のような海辺の町です。

よりハイクオリティの高い作品を目指すLucyは、

直接の小売りはやめてバーニーズ、阪急百貨店など世界の一流マーケットへの卸へ切り替えました。

 

お知らせ一覧に戻る