八百吉

お知らせ

HOME > お知らせ > 帽子の知識 > 帽子の歴史:紳士帽子⑤

帽子の歴史:紳士帽子⑤

鳥打帽子はイギリスには19世紀からあり、hunting capと呼ばれていました。

イギリスでは地位のある人々は狩猟の際に

シルクハットやボーラーハットなど

硬い芯の入った帽子をヘルメット替わりに被っていましたが、

動きを伴うシーンで

頭の形に合ってズレにくい機能的なハンチングが考案されると

安価に製造できることから、次第に一般庶民に普及していきました。

お知らせ一覧に戻る